スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは現代です

タイトルは「This is Modern」の直訳。

ユニバーサルバレエ 2012年日本公演。昨日2月28日、いってまいりました。
2日間連続講演で、パルテノン多摩にて。

http://www.universalballet.jp/www/information/index.html

久しぶりバレエ鑑賞。この2年間は来日公演の機会を逃していたのでタイトルにかまわず胸の躍る行きの電車の中でした。

多摩センター駅を降り、まっすぐ歩けばすぐに会場。
「ぱるてのん」、という響きだけで、古代ローマ(ギリシャ?)の響きがなにかしら文化の香り漂うではありませんか。

なだらかな傾斜がずっと舞台まで続くホールはなにかしらゆったりとした雰囲気。

モダンバレエ、というユニバーサルバレエでは珍しい、というか新しいジャンルでの公演なのでクラシックバレエを好む方や、一般的な観点からは敬遠されがちかもしれませんが、会場はぎっしり埋まっていました。

特に最後の観客参加型のバレエというよりダンスは、とても楽しませてもらいました。
前半のモーツアルトの曲での場面は、ピアノ演奏単独一曲演奏もあり、それだけでもかなりグレードの高い演奏だったと思い、このバレエ団の質の高さがわかる。

「エンターティメント」という、観客を楽しませる意外性、面白さ、芸術性も兼ねたユニークなプログラムでした。


スポンサーサイト

傲慢な自己

自分は結構人を裁いている。

今朝早朝気功精誠祈祷をした後、教会で感じたこと。

人を責めてはいないが、じつは裁いている。

これは、自分がいい人と思っているだけに、結構悪質。たちが悪い。

心底人を受入れることがない。

どうも、自分の罪・堕落性とたたかうためには、天に対する精誠をゆめゆめ怠ってはいけない。

と、思った。

さあ、土曜の聖地祈祷にでかけよう。

再開雑感

昨年のブログ開設が5月27日、今回の再開が4月28日。
丁度11ヶ月ぶりの再開でした。日々是改革の名がありながら、11ヶ月の停滞とは・・・

12ヶ月にならなかったことでよし、としましょう。

11ヶ月の時間をふと、振り返ってしまいます。成長はあったのか?

文先生は、停止は死亡につながる、と言われます。

後退すらしたように思えてしまった時間もあったけど、こうして生きているところをみると、すくなくとも停止はしなかったのだ、と自らを傲慢にならぬよう戒めていきたいと思う。
時間は後戻りできないように神様がこの宇宙を創造されました。それも神様の愛であると、感謝しつつ、ブログを再開して思うこのごろです。

再開

ブログ更新再開。

Twitterを始めて、その手軽さと、ブログとツイッターの位置づけというか、自分の中での棲み分けを考えてみた。

その中で、なんとなくではあるが、ブログの更新を再開してみようと思った次第。

考えたことは、これから両方の情報ツールの取組みの中ではっきりしてくるでしょう。

とまれ、今日は挨拶のみ。


プロフィール

kanstudies

Author:kanstudies
大田区在住23年になる統一教会・大田教会の一信徒の雑感。羽田も国際化してますます大田は我が第二の故郷として世界に誇る街になってきました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。