スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れな草

Forget-me-not.jpg
教会で見かけたあるファイルの表紙です。「Forget-me-not」とは、とても素敵なタイトルだと思います。
さだまさしの歌に同名のタイトルがあって、自分はなんとなくその歌のイメージでこの花をとらえてしまうので、とても繊細な、思いやりのあるイメージをもってしまうのですが(歌を知らないひとにはさっぱりわかりませんね)、忘れな草とは、文字通り「わすれないで・・・」と見過ごされそうだけど、しかしひとたび目に入ってきたら、忘れ去るにはとても惜しいような繊細な花です。

 Forget-me-not-flower.jpg

Wikipediaで調べてみたら、「欧米諸国では、古来より友愛や誠実の象徴として広く親しまれ、アメリカ合衆国ではアラスカ州の州花にもなっている」とありました。この文字を教会で見かけると、控えめだけど、しっかりと自分を忘れないでと、可憐さと強さをあわせもつ女性たちを連想してしまいます。

神様が人間に与えた友愛、誠実、真実な心をこの花を通して人は見出してきたのかもしれません。忘れられたいと思う人は誰もいません。特に大切な人に対してはそうです。み言は「愛は与えて忘れなさい」といいますが、忘れるべきことを覚えてしまい、忘れてはならないものを忘れてしまう。これが神様を忘れた人の姿であり、忙しい日々の生活の中での忘れてしまった人の悲しさかも知れません。

教会で毎日、この言葉を意識しながら大切に生きたいものです。

花言葉は「真実の愛」「私を忘れないで下さい」
スポンサーサイト
プロフィール

kanstudies

Author:kanstudies
大田区在住23年になる統一教会・大田教会の一信徒の雑感。羽田も国際化してますます大田は我が第二の故郷として世界に誇る街になってきました!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。